子育てで守ってきたこと

ドッグサロンレーン > 育児 > 子育てで守ってきたこと

子育てで守ってきたこと

子供を育てる時に必ず守ろうと思った事があります。それは自分がされて嫌だった事、何を小さい頃からしていたらもっと自信を持って生きられたかを心に刻んで育てようと思った事。そんなの親だったら誰だって考えるし実行してるよと言う人がいたら、多分勘違いしていると自分は思うんです。自分の記憶って、どれくらいからみんなはありますか。私は、3歳前後のある記憶がはっきり残っています。

それは事故の記憶で子育てとは関係ないですが、もしこれが親からのしつけで嫌な事をされたものだったら一生記憶に残ると言う事です。親はいつも味方であって欲しいと子供は思っているはずです。特に小学校低学年で、親すら味方がいなくなったら地獄でしょう。頭ごなしではなくてその子のした事を否定することなく、仕方なかったかもしれないという部分を大事にして次にすべき事を納得させて考えていきたいです。

自信を持たせるというのは、人より抜きん出た技術を持つ趣味を持たせたかった事ですね。いくつになってもできる事ということも重要視しました。子供はなんでそんなこと小さい頃からするのかわかんなかったでしょう。だから親も忍耐強く一緒に成長していく姿を、見守っていかないといけないです。絵本クラブ 口コミ